インドネシア現地採用社員の転職後日記

インドネシアのジャカルタに住んでいます。ここで現地採用者として働いた方が幸せになれるのでは?という仮説の検証中。もう日本で働くのしんどいっす。

人生で一度は転職してみた方がよい気がする

何の根拠もない。根拠はあるけど極めて主観的、自分自身と周りの友人くらいのサンプルしかない。よって、声を大にした主張ではなく、ベッドで眠りながらつぶやく程度の主張です。

組織が変われが全てが変わる

まず働く人が変わるよね

これは大きいですね。自分の前職は本当にクソみたいな社長とカスみたいな責任者に囲まれて仕事をしていたので毎日ストレス三昧の日々でした。まぁ、そんなクソ社長とカス責任者から見れば、自分は使えないボンクラ平社員だったのでしょう。双方一生わかり合えず。

そんな人達とも転職してしまえば二度と会いません。正直二度と会いたくありません。この営業系ブラックベンチャー企業での素敵なトラウマがあるので、「そもそも日本企業無理なんじゃない?」という疑心暗鬼に陥り、日本を飛び出てインドネシアまで来てしまいました。結果、「人が変わる」という言葉では表現できないくらい、全く価値観や仕事スタイルが違う人達と今は仕事をしています。

というわけで、転職してインドネシアに来てからはノンストレスな生活を送っています。しかも、現地採用なので本社日本人のお偉方と話す必要もない。インドネシア人現地スタッフとゲラゲラ笑いながら仕事をしています。最高ですね。

そして社風も大きく変わる

やはり、企業にはその企業独特の文化やルールみたいなものがあると思います。前職はコテコテの営業系ブラック企業だったので、ノリが体育会系のノリなんですよね。仕事の仕方から、飲み会時のコミュニケーションの取り方まで。本当にしんどかった。。。

そんな体育会系のノリの会社もあれば、社員が粛々とキーボードを叩いて私語がほとんど無いような会社もあれば、可も無いけど不可も無いような無味無臭の会社もあれば、ニュースでたまに見かけるような社員が活き活きと働いている幸せホワイト企業もあるわけですね。

そういったそれぞれの会社では、その会社独自のルール、暗黙の前提みたいなものを叩き込まれて、そのルール通りに日々行動するわけです。その社風が苦痛だと本当に毎日が苦痛になるわけですよね。自分は本当に毎日ひどく苦痛でした。

尚、インドネシアのそれぞれの企業もやはり社風があります。他の企業に勤めるインドネシア人の話を聞くと、それぞれの会社でマネジメントのされ方だったり、コミュニケーションの取り方だったり、上司と部下との距離感みたいなものがが違うんですよね。ただまぁ、総じてまったりしているというのは共通しているところでしょうか。

更に仕事内容も変わる

全く変わらない人も中にはいると思いますが、同じ「営業職」という言葉で括っても、営業する相手が法人から個人に変わったり、飲食系からアパレル系に変わるなどがあると思います。営業する相手や業界が変われば、自然と仕事内容も変わってきますよね。パワポを使って企画書を毎日提出していた毎日から、足を使って個宅訪問する毎日へ、など。

労働時間も全く変わってくるでしょう。自分は前職では古代エジプトの奴隷なみに働かされていましたが(実質労働時間は知らないのであくまでイメージですが)、今は定時に来て定時に帰っています。帰宅後はのんきにテレビを観たり、モールで買い物したり、こんな風にブログにあれこれ書いたりなど。まぁ、充実した(?)プライベートを送っています。充実と言うか、自分が好きなように好きな時間を過ごしているという感じですかね。

国が変わればもっと変わる

転職して企業が変わって感じる変化以上に、やはり国が変わると感じる変化は大きいです。当たり前と言えば当たり前ですが、食べるモノ、住む場所、気候、風習や慣習、言語、宗教などなどが全てガラッと変わるので。

インドネシアという外国に暮らすという意味では、一番のポイントは食べ物ですかね。ナシゴレン(チャーハン)やミーゴレン(焼きそば)のように、比較的日本でも食べれそうなモノもあるんですが、日本食の高い飯クオリティと比較すると、どうしても好きになれない人は好きになれないので。

食べ物含めて、さすがにそんな大きな変化は嫌だ、という人は国内での転職活動をおすすめします。逆に、「面白そう」「毎日が海外旅行!?」「日本人があまりいない方が気楽」とポジティブに感じられる自分みたいな人は、是非海外での転職活動をおすすめします。

転職する人は今後もきっと増えていく

「日本では終身雇用制が崩壊した」みたいな大きな話を持ち出さなくても、ニュースや周りの知人友人の活動を見聞きしていれば、自然と1つの会社に勤める時代が終わり、今は一生で何回か転職するのが当たり前の時代に突入しているのが分かります。

そういう中で自分はインドネシア、しかも現地採用という道を選んだわけです。嫁さんがインドネシア人ということもあり、おそらくこのままインドネシアで働き続けるとは思いますが、インドネシア国内できっとまた転職するだろうとは思います。

企業にしがみついている理由も特にないので、自分が過ごしやすいような環境で、生きやすいライフスタイルでやっていきたいです。