インドネシア現地採用社員の転職後日記

インドネシアのジャカルタに住んでいます。ここで現地採用者として働いた方が幸せになれるのでは?という仮説の検証中。もう日本で働くのしんどいっす。

インドネシアでの仕事はサボろうと思ったらいくらでもサボれる

日本の労働環境に比べると、良くも悪くも管理がゆるゆるだと思います。まぁ、日本の職場(特にブラック企業)がただ単純にきついだけという話もありますが。

インドネシア人のマネジメントがザル

自分はインドネシア人のマネジメントはしていません。駐在員日本人を頂点に、インドネシア人のマネージャーがいて、その下にインドネシア人スタッフがいる構図です。自分は部署を横断してあれこれサポートしている感じですね。

そのインドネシア人マネージャーの管理能力が低いので、スタッフがのんびりのんびり仕事をすることになります。ただ、正直インドネシア人マネージャーも仕事はほどほどにという人が多いので、結局はそれを管理する駐在員日本人の力量にかかっているんだと思います。

日本人駐在員も本社しか見ていない

そんな日本人駐在員の皆様の最大の関心事は、本社からの評価のみです。本質的には、その評価を高めるために、従業員には効率的・効果的に働いてもらうことが大事なんですが、そうじゃないところに労力を費やしています。

結局、大きく売上が下がらない限りは本社にいる上司のイメージ1つで決まる、そっちのご機嫌取りを頑張っていらっしゃいますね。定期的にインドネシアに来るので、ゴルフに、カラオケに、夜遊びに、などなど。

自分も人生ほどほどにしか働かないと決めている

かくいう自分も日本で働いていた時はブラック企業で朝から晩まで働いていたので、もう残りのビジネス人生(inインドネシア)ではほどほどに働いていきたいと強く決意しています。インドネシア人スタッフとの仲は良いし、あえてこの職場を引っ掻きますこともないかなと。

定時には仕事を終えて家に帰り、自分の趣味ややりたいこと、あるいは家族との団欒の方に大切な時間を使いたいです。後は、副業ですかね。定時に仕事が終われば自由時間も多いので、+αのお金を稼ぐ時間にもあてることができます。

生み出される社風はまったり

そんな感じの日本人駐在員、インドネシア人マネージャー・スタッフ、自分なので、総じて会社の雰囲気はまったりです。ぬるま湯の中にぽけーっと浸かっている感じなので最高に気持ちいいですが、成長とは無縁の環境なのも同時に自覚しています。今は日本で働いていた時の貯金で仕事をしている感じです。

よって、万事全てが事なかれ主義で進む空気がオフィス中に蔓延しています。みなそれぞれ自分の仕事の範囲からは1mmも外に出ようとはしないし、リスクを取って何か新しいことを始めようという人もいません。ただ、社員間の仲はとても良いので、このまま会社が潰れなければ最高です。