インドネシア現地採用社員の転職後日記

インドネシアのジャカルタに住んでいます。ここで現地採用者として働いた方が幸せになれるのでは?という仮説の検証中。もう日本で働くのしんどいっす。

抜き打ちでインドネシア人の仕事内容をチェックするのは大事だよね

インドネシア人はおさぼりさんがとても多いです。日本人でも仕事の手を抜く人はもちろんいるんですが、手の抜き方のレベルがちょっと違うイメージですかね。

まず一番大事なのが、インドネシアの仕事においては「期限」はあってないようなものです。というか、ありません。見事にない。そして、報連相もありません。スーパー自己流です。

「●日までにやっておいてね」と依頼して、期限当日まで確認しなかったらまずその仕事は終わってないです。終わっていないことを責めても、「ごめんごめん」くらいの軽いノリで謝られます。一番きついのは、「これからやる予定でした」という言い訳。もはや意味不明。

インドネシアに来てしばらくはこの感覚に慣れませんでした。なぜ仕事の期限を守ろうとしないのか何度も聞いたことがありますが、「やろうと思ってた」「できると思ったけどできなかった」や、「期限通り本当にやらないといけないとは思わなかった」というパンチのきいた答えも度々耳にしました。

日本の新卒が同じような状況に陥りがちですが、インドネシアと比較すると相対的に業務量が多くて、パンクした結果期限内に終わらないというのはよくみる光景です。しかし、ここインドネシアでは業務量がめちゃ少ないです。みな定時にはぴゅーっと帰るし。

紆余曲折を経て出した結論としては、本当の期限と、仮の期限を設けて、インドネシア人には仮の期限をあたかも死守すべき本当の期限として伝えることです。定期的に彼らの進行状況をチェックしても、それでも期限を守れないことが度々あります。

ただ、その仮の期限の後ろに本当の期限を設けておけば、何とかリカバーできることが多いので、今はそうやって彼らの仕事内容をコントロールしています。

さて、これは全て期限の話です。タイトルの「抜き打ちでインドネシア人の仕事内容をチェックするのは大事だよね」は、クオリティの話です。期限通りやってくれないのも困るのですが、そもそも仕上がって成果物を見ると手抜き工事が多いということが多々あります。これは本当にきつい。

最悪期限が守れなかったとしても、最低限のアウトプットクオリティは満たしてほしいと心から願いますが、残念ながらその願いが叶うことはありません。切ないですね。

なので、インドネシア人の仕事をチェックする際は、「期限通りに納品が間に合うか」というチェック以外に、「ちゃんと手を抜かずにやってるの」というチェックが必要です。この2つをしつこいくらい繰り返しチェックして、ようやくまともなモノが納品されるイメージです。

インドネシア人が悪いというよりも、国が違えば仕事の価値観や「できる/できない」の基準も大きく変わってくるという話ですかね。本当だろうか。。。まぁ、皆さんがインドネシア人で働くことになったら、大らかな心を持って彼らと接してほしいです。そうしないと、発狂してしまうので。