インドネシア現地採用者のジャカルタ生活記

インドネシアのジャカルタに住んでいます。アジアで働いた方が幸せになれるのでは?という仮説の検証中です。もう日本で働くのしんどいっす。

インドネシア人を人前で叱責すると後々めんどいことになる

タイトル通りなわけですが、インドネシア人は人前で怒られるのを極端に嫌います。日本でも別に「怒られるのが三度の飯より好きだ!」という人はいないですが、叱責される理由があれば素直に話は聞きます。

素直に話は聞きますと書いたものの、最近では叱責した翌日に職場に顔を出さないやんちゃな世代もいるそうですが、一旦彼らの話は脇に置きます。

よほど頭のおかしいパワハラ上司はさておき、叱責する側もそれなりの理由があって指摘するわけで、基本的には相手がこれを機会に成長してほしいと願って指摘をするわけです。まともな上司であれば。まともな上司が少ないのが常ですが。

ただ、いかなる理由が根底にあっても、人前で叱責するという行為をインドネシア人は受け入れません。多分、「自分ができないヤツだと周りから思われるのが嫌」なんでしょうね。

そこは日本人と同じ匂いがします。日本人も義務教育期間中は極力周りから目立つことを避け、平均的な人として振る舞う人が多いと思います。思いますと書きましたが、今はどうなんですかね。違うんですかね。

それでも日本人は社会に出て新卒として働き始めると、強制的に各方面の上司先輩から指摘され続けます。いわゆる教育というやつですね。「会社はある種の教育機関で、これは教育だ。ありがいと思え!」と、ありがたくない説明を延々とされたのは今となっては良い思い出です。

インドネシアではそういう日本的教育は会社では行わないので、無理矢理矯正されることもないんですよね。どっちが良いか悪いかはここでは書かず、まぁそんなもんなんだと理解してくれればと思います。

というわけでして、それを知らずにインドネシア人を人前で叱責するとめんどいケースになることが多いです。

  • 鬼のように反論してくる。
  • 黙っているけど翌日辞める。
  • 黙っているけど不満が溜まって近いうちに辞める。
  • 後でメール(WhatsApp)を送ってきて、謝罪要求を迫られる

などなど。

インドネシアは基本的に良い子が多いので、接し方を間違えないようにしたいですね。日本でもよく「褒める時は人前で、叱る時は個別で」みたいな理想的なフレーズ(ただし、前職でそれを実践できたマネージャーはいない)がありますが、本当にその通りだと思います。

相手のプライドさえ傷つけず、上手く注意事項を指摘できればお互いWin-Winなので。駐在員の方々は特にインドネシアに赴任してすぐに部下を持つことも少なくないと思うので、是非お気を付けあれ。