インドネシアで転職と嫁探し

インドネシアのジャカルタに住んでいます。アジアで働いた方が幸せになれるのでは?という仮説の検証中です。もう日本で働くのしんどいっす。

駐在員上司と仕事でモメるとめんどい

直属の上司、しかも日本人上司とぶつかるのは、どうにもこうにも具合が悪い。向こうは駐在員、こちらは現地採用なので、力の差は歴然だ。ゴリゴリとパワーで押されると勝てない。

駐在員は数年で日本に帰任するので、とにかく失点が無いように経営する。ただし、日本本社から落ちてくる目標は達成させたい。しかし無理だぜ!明らかにリソースが足りないから!!

お金の話をすると、すぐに機嫌が悪くなったり、ごまかそうとする。こんな時、こういう系の上司は、日本ならすぐに社員を過剰に働かせようとする。しかし、ここインドネシアではそれができない。なぜなら、インドネシア人は何と言われようと残業せずに帰るから。嫌ならすぐ会社を辞めてしまうから。

この労働観はとても明確で、インドネシア人は自分の人生を仕事だらけにする人はいない。仕事はあくまで人生の一部であり、全てではない。そこは多くの日本人との違い。だから、みな平然と定時になったら帰る。

そこで、そのしわ寄せが日本人現地採用である自分にくるわけですな。「何とかしろ」「何となくしろ」と。いや、何ともならんよ。根本的なリソースの問題を解決しないと。どれだけ頭悪いんだこの人はと真剣に悩む。

だからもう、自分も毎日悩むふりはするが、一切まともに考えず普通に定時で帰ってる。こんなおやじと共にうんうん考えるのは、明らかに時間の無駄であり、人生の浪費にすぎないから。

日本で働いていた時は、こういうおっさんによく精神を蝕まれてたけど、インドネシアにきたら大分楽にはなった。楽にはなったけど、完全に解放されたわけではない。日系企業で働いているうちはそれはさすがに無理かな。

何はともあれ、さっさと現場の状況を正確に把握されることを祈るばかり。人間は自分が見たいと思うものしか見えないというが、本当にその通りだ。我が上司は自分の都合の良いことしか見ないし、自分の都合の良いことしか聞かない。

日本本社の人事制度は、インドネシア子会社の業績のみをもって、このポンコツ上司を評価していると思われるが、是非ともローカルスタッフや、自分のような現地採用社員の声にも少しくらい耳を傾けてほしいと切に願う。