インドネシア現地採用者のジャカルタ生活記

インドネシアのジャカルタに住んでいます。アジアで働いた方が幸せになれるのでは?という仮説の検証中です。もう日本で働くのしんどいっす。

インドネシアにて2回目の転職をしたいと思う瞬間

はじめに

日本からインドネシアに来てそれなりに時間が経っているわけだけど、たまに違う会社に転職してみたいと思う瞬間が増えてきた。「この会社ではもうやってられない」というよりは、「日本人上司がいない会社で働いてみたい」というただの興味関心から。

のんびり働くのが好きだ

基本的に我が社は日本人駐在員もインドネシア人現地スタッフも、とてものんびり屋さんが多い。まあ、そんな彼らは良くも悪くも仕事に適当だ。

もともとインドネシアに来た理由の1つが、働き過ぎて死にそうだったから日本から逃げてきたので、上司を含む全員が仕事に適当でのんびりしている分には何の文句もない。むしろ、ありがたい。

少しだけ不満があるとすれば、上司は日本人駐在員で、日本本社のボスから詰められた後は、八つ当たりが増えること。いろいろ愚痴ぐち言われるけど、「それ前に報連相しましたよね?」ということも多い。まぁ、サラリーマンなんてそんなもの。

上司も立派なサラリーマンをやっている以上はしょうがない。むしろ、大変そうだなーと思いながら聞いている。自分は本社の人間とは一切話さないので、防波堤的な役割を担ってくれていることにむしろ感謝。本社に対して、現地の情報を正確に伝えるのは難しいよね、正直。

転職したいと思う理由

そんな環境でも転職したいと思うのは、メンバーだけではなく、上司も全員インドネシア人の、100%インドネシア資本の会社の雰囲気を何となく味わってみたいから。

できれば、成長してる会社がいい。活気があった方が面白いので。

話を聞いていると、経営陣が全員日本人で、日本本社の御意向がある企業はどこも同じような雰囲気そう。だったら、特に日経企業に転職しても面白くなさそうなので、繰り返しになるけど純粋なインドネシア企業に転職したい。

給与は多分下がると思うけど、もともと現地採用だからそんなにもらってない。あと、割とクラウドワークスで副業してるから、何とかなる収入分は確保できると思う。

ちなみに、経営陣をがっつり日本人で固めてしまってるウチのような企業だと、マネージャーより先のポジションを提供してあげられないので、やはり離職者は定期的に発生する。大体みんな、「今の会社よりも給与がいいんだよね」と包み隠さず教えてくれる。

未だにスキルアップや自己実現みたいや理由で辞めていくインドネシア人を見たことがない。今インドネシアでは毎年給与が上がっている経済成長期なので、わからなくもないけど。お金はやっぱり大事だよね。

今の日本はお金よりもワークライフバランスや働きがい。自分もクソみたいなブラック系ベンチャー企業で奴隷のように働いてきましたが、もうコリゴリざます。

おわりに

何となく、次の転職で日本人上司がいないようなインドネシア企業に入ったら、その後は起業かなと。高い志を持っているわけではなく、ふわふわふわふわともっと自由に生きていきたいからです。