インドネシアで転職と嫁探し

インドネシアのジャカルタに住んでいます。アジアで働いた方が幸せになれるのでは?という仮説の検証中です。もう日本で働くのしんどいっす。

インドネシア人の彼女がインスタグラムに夢中すぎ

はじめに

タイトルの一言で全てが表現されつくさた記事です。インドネシア人の彼女がインスタグラムに夢中で、自撮りした写真をアップしたり、飯の写真をアップしたり、何でも無い写真をアップしてるなーと。

日本に限らずインドネシアでもインスタグラムは大人気

インドネシアの若者の間では、Facebookとインスタグラムが大人気なわけですが、自分の彼女もやはりインスタグラムに夢中なわけです。

もうずっとインスタグラムばかり見てるんですよね。あと、自撮りが大好き。彼女が特別そうというわけではないようで、インドネシア人の女の子はみな自撮り大好きです。

自分は自撮りはしません。イケメンでもなんでもない自分の顔を撮っても、携帯のメモリの無駄にしかならないし、それをアップしても誰も得しないので。

自撮りや食べ物の写真を撮っては、インスタグラムにアップ。自撮りや食べ物の写真を取っては、インスタグラムにアップ。の繰り返し。全く飽きないらしい。

フォロワーからの反応を見ては、新たな撮影対象を探して動き回る日々。何もなければ、自分を撮る(笑)。まぁ、いいんじゃないですかね。

インスタグラムに写真を投稿しているか、インスタグラム内で面白そうな動画を検索しているか。暇な時間は大体どっちかしかやってない。

大事なのは結果ではなくプロセス

ブログの方がメリットがあると考える派なので、「ブログ書いたら?」とすすめたら、ブログを書くのは面倒だから嫌らしい。かかる工数は同じようなもんだと思うけど、プロセスで感じる楽しさが全く違うようです。

そりゃそうか。自分もブログを書くのをやめて、明日からひたすらインスタグラム縛りだと言われたらしんどいしな。

ちなみに、インドネシアではインスタグラムは出会いの場としても使われてます。あとは、ECとしても機能しています。

そこらへんの個人商店の若者たちが、ひたすら商品情報をアップ。コメント欄で、質疑応答を買い手と繰り返し、気に入れば取引成立です。そんな個人商店がうじゃうじゃあります。

んで、出会いの場としてのインスタグラムはけっこう露骨だったりして、女の子の方から一時間いくらみたいな売春の提案をしている子が散見されます。

自分で言うのもあれですが、自分の彼女は顔立ちはとても綺麗な顔をしているので、コメント欄にその手のお誘いのコメントが男性陣からわんさか届くわけです。

ちょっと笑ってしまうのは、その中のコメントの1つに、自分の知り合いの日本人男性がまじっていたこと。いつかネタにしてやろうと思います。