インドネシア現地採用者のジャカルタ生活記

インドネシアのジャカルタに住んでいます。アジアで働いた方が幸せになれるのでは?という仮説の検証中です。もう日本で働くのしんどいっす。

インドネシアで婚活を行う際の出会い系サイト活用ポイント

はじめに

この文章を読んでほしい人。

  • 婚活に苦戦している人。
  • 日本人以外の人との婚活ってどうなの?と思ってる人。
  • インドネシアでの婚活が知りたい人。
  • 海外での出会い系サイトの使い方が知りたい人。

あたりに興味がある人は是非続きを読んで下さい。

日本での婚活はどうだったか

日本で働いていた時は、流行りのブラック企業で奴隷のごとく強制労働を強いられていた為、婚活どころの騒ぎではありませんでした。そもそも自分の生命を維持することだけで精一杯で、異性に目を向ける精神的な余裕は1mmも生まれずでした。インドネシアに来て、大学時代ぶりに人間としてまともな生活をおくっています。本当にようやくですが。やはり、働きすぎることに何の価値もないなと正直振り返って思います。ちょっと違うな。人として扱われない企業で働くことには何の価値も無いですね。

そもそも独身男性が「結婚したいと思う瞬間」

http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20170713/Menjoy_310454.html/www.excite.co.jp

  • 第1位:幸せそうな家族連れを見たとき
  • 第2位:仕事から帰宅しても出迎えてくれる人がいないとき
  • 第3位:ひとりでご飯を食べるとき
  • 第4位:老後について考えたとき
  • 第5位:ひとりで寝るとき

みたいですね。自分が当てはまるところだと、2位の「仕事から帰宅しても出迎えてくれる人がいないとき」ですかね。日本で働いていた時は、自宅にはシャワーを浴びに帰っていただけなので、そうでもなかったですが。インドネシアで転職した際は現地採用で転職した為、特に日本人駐在員ネットワークみたいなものもなかったので、そもそも日本語で話す機会も非常に減りました。それもあって、余計に「家に帰った時くらいは誰かにいてほしい」と思うようになった気がします。

インドネシアでの婚活はどうだったか

www.jakartan.com

「出会い方」の詳細はこちらに譲りますが、基本的には出会い系サイト(アプリ)を使って女の子を探していました。インドネシアで日本人男性が出会い系サイト(アプリ)を使うと、日本ではありえなかったくらいに女の子と出会えます。いわゆるサクラみたいな女の子にも出会ったことがないです。お金目的の女の子はけっこう潜んでますが(苦笑)。

インドネシアの出会い系サイトについて

インドネシアで出会い系サイトを使っていたのは、遊ぶ子を探すためではなく、結婚相手を探すためでした。そろそろいい歳だったので、結婚しなきゃなと思い。その婚活を行う際、自分は以下のポイントに絞って女の子を探していました。

年齢

20代で探していました。晩婚化が進んでいる日本と違い、 インドネシアの大半の女の子は20代半ばまでに結婚します。むしろ、20代半ばだとちょっと遅いくらいのイメージです。よって、30歳になっても出会い系サイトで異性を求めている女の子は、何かしら事情を抱えていることが多いと言われました。ジャカルタ市内に限って言えば、キャリアウーマンもごくたまにいますが。そんなお国柄の背景もあって、基本的には20代に年齢を絞って女の子を探していました。

学歴

大卒以上にしました。日本のようにMARCH以上じゃないと駄目!ということは全くないのですが、「若くてかわいい子と結婚したい」わけではなく、「そこそこ常識があって、会話がかみ合う女の子と結婚したい」という希望があったので、学歴フィルターをかけました。 www.globalnote.jp によると、インドネシアの2015年の大学進学率は24%なので、大卒というだけである程度その人のバックグラウンドが見えてきたりします。

言語

第二外国語で英語が「少ししゃべれる」以上の女の子にしました。インドネシア語しかしゃべれない女の子だとそもそも会話ができないので。また、英語が少しでも話せるということは、それなりの教育を受けているという意味で上記の学歴とリンクする部分もあるだろうなと思いました。ちなみに、インドネシア語はさほど習得が難しい言語ではないです。とりあえず単語を暗記して、適当にその単語を並べてしゃべれば日常会話においては大体通用します。

職業

「正社員で働いている」ということを条件にしました。地方だと分からないですが、ここジャカルタではそれなりに企業があるので、大卒で英語が話せれば、どっかの企業の正社員になってるだろうと。上記つらつらと各種のフィルタリングについて語っていますが、こういったフィルタリングをかけるのは、自分に合う女の子を探す上ではとても重要です。ただかわいいだけの女の子と出会いたいのであれば、逆にフィルタはかけない方がいいかもです。会える人が限られてしまうので。

宗教

特にフィルタリングをかけませんでした。インドネシアは9割近くがイスラム教徒なので、宗教でフィルターをかけてしまうと、そもそも女の子に出会える確率が強烈に低くなります。仮にイスラム教徒であったとしても、まぁ何とかなるかなと楽観的に考えていました。どうしてもイスラム教の女性とは結婚が難しいという方は、自分自身の宗教と同じ宗教でフィルタをかけましょう。

諸々フィルタリングをかけた結果の出会い

上記諸々のフィルタリングをかけて、インドネシアの出会い系サイトで女の子を探した結果、かなり理想に近い女の子と出会えました。インドネシアは日本の出会い系サイトと違い、プロフィール写真に(限りなく)近い女の子と会うことができます。一方で、日本で出会い系サイトを使っていると、写真加工は当たり前だったり、そもそもサイト上でメッセージを送っても返信をもらえる確率が極めて低かったりしましたが。インドネシアでは自分のプロフィールをしっかりと書いて、写真を付けておけば、(私のように)例え顔面偏差値が平均以下でも返信はもらえます(笑)。親日国家のインドネシアにおいては、ひとえに「日本人だからとりあえず返信してみる」という思考があったかと思われます。

おわりに

  • 独身男性が「結婚したいと思う瞬間」の1位は「幸せそうな家族連れを見たとき」。
  • それは何となく分かるかなーと。
  • 海外で結婚相手を探すならフィルタリング大事。
  • やっぱそれなりに教養がある子と結婚したい。
  • インドネシアは親日の素晴らしい国。

そんな感じですかね。