インドネシアで転職と嫁探し

インドネシアのジャカルタに住んでいます。アジアで働いた方が幸せになれるのでは?という仮説の検証中です。もう日本で働くのしんどいっす。

インドネシア人彼女のメンタルが弱いので大変な時がある

はじめに

「仕事中にみんなの前で上司に冷たい嫌みを言われた」「もう会社を辞めたい」とインドネシア人の彼女が騒いでいる。あちこちのブログにも書かれていることだけど、インドネシア人は人前で叱責されるのを嫌う。自分の彼女もそんなインドネシア人気質から例外ではなく、とにかく人前で怒られるのを極端に嫌う。よって、同僚の前で上司から馬鹿にされた彼女はもうヒステリックに愚痴るわけです。

誉める時はみんなの前で、叱る時は個人的に

マネジメントの本や自己啓発系の記事を読んでいるとよく見かけるこの言葉、万国共通なのかも分からないですけど、特にインドネシアでは大事なことです。私の彼女だけではなく、全員に対して当てはまりますが、特に部下を持っているインドネシア人マネージャーを人前で叱責すると、後が大変なケースに遭遇します。大半は不満を抱えたまま黙っており、それがある一定に達すると突然退職します。中には「なぜみんなの前であんなこと言うのですか?」「私の立場がなくなるので、全体へのフォローをしていただきたい!」みたいな感じになることもあります。とにかくまぁ、簡単に人が辞めます。

日本で働いていた時の淡い思い出

インドネシアに来る前は、日本のベンチャー企業で働いていました。そこの上司たちは人間的には大変腐っていて、「人前で部下を叱責することで、自分たちがいかに優秀かを誇示するのが好き」な人たちばかりでした。マネージメントなんて高尚なものは何一つ無かったのに、「何やってんだよ、俺だったら~」みたいなことを散々言われました。叱責するのは構わないけど、ゴールに向かって導いて欲しいと何度も思った記憶があります。そんなコミュニケーションを繰り返し受けていたので、何度投げっぱなしジャーマンを試みようと思ったか数えきれません。

インドネシア人はプライドが高い?

ちょっと話が逸れたので、私の彼女の話に戻ります。私の彼女を含めて、インドネシア人はプライドが高いのかと問われると、何か少しちがう気もします。サンプルがジャカルタという都市圏の、しかも比較的大企業の従業員に偏ってしまっていて恐縮ですが、「恥をかきたくない」「みんなから変な注目を浴びたくない」というところになるのかなと考えています。よって、仕事のアウトプットも100点満点を狙いにくるのではなく、平均点を狙いにきます。みんなと同じ。なんか、日本みたいですね。

メンタル弱いけど寝たら忘れる

私の彼女は以上の通り打たれ弱いのですが、寝たら忘れるという特技を持っているので、ある意味メンタルが強いのかもしれません。自分を含めて、大体の日本人は引きずるんですよね。起こったあれこれの嫌なことを。そして、それが沸点に達するまでじわりじわりと心の内に溜まっていき、いつか爆発しちゃうんですよね。自分はそれが爆発する前に、インドネシアに逃げてきました。死ぬより絶対いいなと思い。そういう意味では、寝たらリセットされる彼女の性格は羨ましいです。

おわりに

人生たいがいしんどいことばかりだし、仕事なんてその極地だったりするわけですが、しんどいと思ったら逃げればいいと思います。その場に留まって最悪の選択をするよりは、全然ましです。もちろん、成長するためには辛さやしんどさを乗り越える必要もあるので、耐えなければいけない時もありますが。でも、分からないんですよね、台風の中心にいる時は。